なかじょうさんの留学相談

オーストラリアの地域ごとの物価の差について

はじめまして。
これからオーストラリアにギリホリをする予定です。

友人のワーホリ経験者からオーストラリアは地域(都市)ごとの物価にけっこうな差があると聞き、いろいろと調べてみたのですが、あまりいい情報がありませんでした。

・物価に差がある品目は何か
・生活コストはどういった点で差がでるのか

経験者、有識者の方、ぜひともお話をお聞かせいただけますと幸いです。

  • 584

この留学相談に対する回答 - 2件

  • パラダイスさん

    オーストラリアは全体的に物価はお高めです。家賃の相場は地域差がありますが、最も高いであろうシドニーでワンルームを一人で借りようとすれば週に300ドル以上は必要です。留学生やワーキングホリデーだとシェア生活になりますが、週120ドルほどは最低限必要です。もちろん田舎に行けば行くほど家賃は下がりますが、その分交通費や車維持費がかかります。物価は生鮮食品はどの州でも日本より安いです。グラムで必要なだけ野菜が買えるのも便利です。肉やお魚、卵は日本より高めです。農業はどの州でも盛んなので価格差は少ないと思います。米が安いのも日本人にはうれしいところです。消費税は10%ですが、生活必需品(野菜、肉、牛乳など)には税金がかかりません。外食はどこもお高めです。カジュアルなレストランでも50ドルはかかります、ディナーだと2人で100ドルは軽く超えます。祝日はプラス料金が追加される場合もあります。これは法律で祝日のレストランは従業員にダブルの時給を払うよう義務付けられているためです。物価は高いのですが、お給料も日本より高いです。最低賃金が時給17ドル(現在のレートで1300円ほど)です。

  • 黒豹さん

    オーストラリアの都市と地方では、物価に10%程度の差があると思います。ビールが顕著な例です。私が暮らしていたシドニーのパブと、内陸部の都市や東部沿岸部の田舎町のパブとでは、おおよそ1ドルの開きがありました。もちろんシドニーのほうが高くなります。2011年になりますが、シドニーで1杯(スクーナー/485ml)が5.50ドル程度。内陸部のカウラで4.50ドル程度でした。ダーウィンも同様です。シドニーより明らかに安く飲めました。2015年夏のシドニーでは、同じ銘柄の1杯が7.00ドル超えてました。地方では6.00ドル台ではないかと思います。

まだ回答は投稿されていません。

なかじょうさんの留学相談に対して回答を投稿しよう!

回答の投稿にはログインが必要になります。

ログインする

※ ユーザー登録がお済みでない方は、こちらよりご登録ください。

関連度の高い留学相談

留学、ワーホリに関する悩みを相談しよう!

留学やワーホリの経験者、海外在住者が回答します!
ユーザー登録をするだけで相談ができます。相談投稿、閲覧はもちろん無料です。

School Withで留学する学校を探そう!

School With (スクールウィズ) は海外留学・語学留学の口コミ情報サイトで、留学アンサーズの姉妹サービスです。

回答数ランキング
閲覧数ランキング
  • 週間
  • 総合
留学アンサーズにログインする

下記、いずれかの方法でログインしてください。
School Withアカウントをお持ちの方は、同じアカウントを利用できます。

もしくは
※ パスワードを忘れた方はこちら

ユーザー登録がお済みでない方はこちらから登録してください。

×閉じる