Nanaさんの留学相談

英語が上達しやすい人の共通点ってありますか?

これからフィリピン留学を控えているものですが、なるべく英語を上達して留学を終えたいと考えております。
そこで質問なのですが、英語が上達しやすい人の共通点って何かありますか?

  • 715

この留学相談に対する回答 - 3件

  • Joseph(A&J Japanese Manager)さん
    認証

    正直に答えます。
    上達しやすい人の特徴は、裏を返すと上達しにくい人の特徴も浮き彫りにします。

    上達しやすい人の特徴① コミュニケーション能力が高い
    これはシャイとか、人と話すことに何の抵抗も感じないとかだけでなく、論理的に、言いたいことをしっかりと口に出すことの出来る、ということです。日本のハイコンテクスト文化に支えられた【文脈頼り】【言わなくても伝わる】という聞き手本位のコミュニケーションでなく、話し手に責任のあるローコンテクスト文化を理解して、情報を詳細に伝える必要があります。また【自分】そして【自分の意見】を持ち、発信することが求められるので、それを恐れないことも大切です。

    上達しやすい人の特徴② 国語(日本語)ができる
    これは「日本人だから大丈夫」と思うかもしれませんが、伸びにくい人に共通する項目として「国語が弱い」ことが挙げられます。英語ももちろん日本語と同じ、言語です。日本語にもニュアンスがあるように、英語にもニュアンスがあります。このニュアンスを理解するためには母国語である国語力が必要です。大人になってから学ぶ言語は、少なからず母国語を介して習得し始めなければなりません。この時、母国語の能力、強いては感性がある方は伸びやすい傾向があります。

    上達しやすい人の特徴③ 英語を机の上で勉強しない
    一定の基礎的な学習が終わった後は、練習を繰り返すのみです。練習の間に間違えたことを修正して、慣れていくことが大事です。机の上でカリカリと勉強を繰り返しても、思うような結果は得られません。もちろん留学の目的に異なりますが、テスト対策以外で、コミュニケーションツールとして英語を習得したいのであれば、なおの事スポーツのように練習を繰り返していくしかありません。インプットももちろん必要ですので、机の上の勉強をしないわけにはいきませんが、9割は口から声を出して、訓練するのみです。喋る相手がいなければ、ドラマを見ながらリピーティング、シャドーイングをする、喋る相手がいるならテーマを決めて、喋り続ける。机の前に座ることが勉強と思う方も多いかもしれませんが、英語を学問として学習するためにフィリピン留学するわけではないはずです。英語のことだけを考えられる貴重な時間と環境の中で、机を離れることを恐れずに、勇気を持って練習し続けられる人は飛躍的に伸びます。


    以上が大きな3つです。
    頭が良い悪い、勉強時間が長いなどの、いわゆる学力とは無関係な部分が大きいです。
    一つでも欠けていたらいけない、というものでもありません。
    どれでもあればそれは上達を助けますので、無いものを得られるように英語の学習と共に訓練することも重要です。

    英語って勉強勉強というイメージを植え付けられた中高大で、机に向かってしか勉強してませんでした。日本語と同じように言葉ですもんね。授業として国語はありますけど、日本語として触れるのは授業以外の時がほとんど。使って覚えてますものね。この上達しやすいポイントは納得です。これを肝に銘じたいと思います。ありがとうございます!

  • Yuka Nakagawaさん
    認証

    私は6ヶ月留学していました。しかしNative Levelでは日本の制度で言う小学校高学年から中学一年Levelでした。
    なぜかと言うと、普段使っている日本語が丁寧でないから。
    普段使っている日本語がつたないと、辞書で変換した時に変な英語になります。ですので、正しい言い回しがわからない、大人の会話できない。と、言うわけです。最低限の会話のスキルは見につきました。listeningもかなり力が付きました。私の場合は日本語が丁寧に使えるようにならなければ、これ以上の会話能力習得は限界だと感じました。
    違う意見の方もいると思います。
    語学は感覚やその国の歴史などを理解してどのようなときにどのようなニュアンスの言葉を選んで使うかが大切です。特に英語は感覚や雰囲気が必要になる言語だと思いました。なので頭で文法文法と考えて話しても難しくなるだけ…って、事もあります。ある程度文法の約束事が理解出来れば、あとは感覚で話せるようになると思います。
    あとは、留学後も英語に触れる時間を長くする事を続ける!洋楽や洋楽、オンラインで授業を取るなどの努力が必要だと思います。そうでないと忘れますからね。

    なるほど、そう考えると語学って本当に難しいですね。。確かに使っている日本語が自分の会話能力の限界と考えると第二言語はそれ以上伸びるとは考えにくいですもんね。

  • Tomomi Seoさん
    認証

    英語を日本語で考えない柔軟性と、伝えたい内容や意見がある人は比較的飛躍しやすいです。

    両者は全く別の文化圏のことばなので、あまり先入観を持たずに、実際に使われている場面で多くの発見をして、それをすぐに使ってみる前のめりな姿勢がある人は、びっくりする程英会話力が伸びます。
    また、英語自体を勉強しても、肝心の話す中身がなくては何も伝えられません。自分の意見や意思がはっきりしている方の方がそれを必死に伝えようとしますので自然と英語力もついてきます。

    教科書で習う英語と生きた英語は別物ですので、せっかくの英語漬けの留学生活では生きた英語にどっぷり浸かることをオススメします。

まだ回答は投稿されていません。

Nanaさんの留学相談に対して回答を投稿しよう!

回答の投稿にはログインが必要になります。

ログインする

※ ユーザー登録がお済みでない方は、こちらよりご登録ください。

関連度の高い留学相談

留学、ワーホリに関する悩みを相談しよう!

留学やワーホリの経験者、海外在住者が回答します!
ユーザー登録をするだけで相談ができます。相談投稿、閲覧はもちろん無料です。

School Withで留学する学校を探そう!

School With (スクールウィズ) は海外留学・語学留学の口コミ情報サイトで、留学アンサーズの姉妹サービスです。

回答数ランキング
閲覧数ランキング
  • 週間
  • 総合
留学アンサーズにログインする

下記、いずれかの方法でログインしてください。
School Withアカウントをお持ちの方は、同じアカウントを利用できます。

もしくは
※ パスワードを忘れた方はこちら

ユーザー登録がお済みでない方はこちらから登録してください。

×閉じる