「留学アンサーズ」サービス提供終了のお知らせ

デルバリーさんの留学相談

willとgoing toの違いはなんですか?

わたしは未来のことを言う時にwillをいつも使っているのですが、going toとwillはニュアンスが違うと聞きます。具体的にどのように違うのですか?使い分け方法も教えていただけるとありがたいです。

  • 646

この留学相談に対する回答 - 1件

  • Joseph(A&J Japanese Manager)さん
    認証

    簡単な解説になりますが、

    will: 今、その場で思いついたことに使います。予定というよりも、気分、意思に近く、細かなことが全く決まっていない状態です。またボランティア的に「電話に出るよ」などの場面でもwillは使われます。

    be going to: イメージとして既に予定表に書き込まれている、決定している事柄などに使います。

    I will go to Disneyland this weekend.
    (今週末、ディズニーランドに行くつもりです。)
    まだ何も決まっておらず、なんとなく行きたい気持ちがある。

    I am going to go to Disneyland this weekend.
    (今週末、ディズニーランドに行く予定です。)
    前々から決まっており、チケットも買ってあるかもしれません。集合時間も決まって、その日を楽しみにしているかもしれません。

    英語にはこの他にも2つ、予定を表す時制があります。
    be V-ingと原型動詞です。
    be V-ingは95%変わる予定の無いかなり近い予定に使い、原型動詞は時刻表やタイムテーブルなどに使います。

    英語のニュアンスはとても重要です。この予定に関する4つの時制も予定の決定具合を詳細を伝えることができるので覚えておくと便利です。

まだ回答は投稿されていません。

関連度の高い留学相談

School Withで留学する学校を探そう!

School With (スクールウィズ) は海外留学・語学留学の口コミ情報サイトで、留学アンサーズの姉妹サービスです。

回答数ランキング
閲覧数ランキング
  • 週間
  • 総合
留学アンサーズにログインする

下記、いずれかの方法でログインしてください。
School Withアカウントをお持ちの方は、同じアカウントを利用できます。

もしくは
※ パスワードを忘れた方はこちら

ユーザー登録がお済みでない方はこちらから登録してください。

×閉じる